ブログトップ

おひさまのある日々

kazato.exblog.jp

お絵かきと剣道のよしなし事

 新年早々、お詫びです。
『剣道小ネタ』1月号テキストクリックでのアクセスが間違っておりました。
修正いたしました。ゴメンなさい。
いや~ん。

 新ブログを作ったのですが、貼り付け方がわかんない・・・。
いや~ん。
もうちょっとお待ちを。


 新年早々、アンケートへ投票くださった方、ありがとうございます!
[PR]
# by m-kazato | 2012-01-03 00:24
a0108134_16174727.jpg

[PR]
# by m-kazato | 2011-12-31 23:58
a0108134_1738161.jpg ちょっと早めですが、新年の更新しましたよ。
 『あるで』の入稿が来月末で済むようなので、もうちょっと手を入れてやはり4頁増やそうかお悩み中。
流石に、一応(?)肩書きは主婦なので、漫画ばっかりやっていないで家の仕事を、と思っていたんですが、なんだかこう、盛大に大掃除!のスイッチが入る前に集中力が切れる感じ。
お絵描きしたいよう。
…ブログUP用のカットをちっとばかし描いちゃったけど。

 今年面白かったもの。
今年は『今年の1番!』出来なくて済みません。
楽しみにしていらした方、いらした?
今年1番面白かったよ、と言うオススメ作品のある方、ジャンル問わずです、教えて下さいませ。
とりあえず私の今年の一番。
 映画。
『探偵はBerにいる』
春先に『まほろ駅前多田便利店』も見に行きたかったのですが、見そびれました。
最近、DVDが出たそうなので、新作表示の外れるのを待っている所。

 漫画。
昨年位からですが、今年はネット漫画をよく読むようになりました。
私が目を通すものの条件として、ペン入れされている完成原稿であること、完結予定が見えること、などがあるのですが、
そうすると何故かBL漫画が多い…。
そんな訳で余りここでは紹介しないのですが、商業誌でもラフ原稿での製本が通ってしまう昨今、原稿料が貰えている訳では無い制作活動の中で、どういうポリシーで制作活動を続けるのかが作品ににじみ出る気がします。
創作漫画イベントであるコミティアでの製作者集会と合わせて、とても元気を貰うものの一つでした。

 音楽。 
flumpoolの『どんな未来にも愛はある』ばっかり聞いていました。
『あるで』2のBGMはほぼずっとこれです。
聞いていて楽しかった。
 それから、0655の『toi toi toi』。
朝から悪魔の声を聞いて泣きそうになりました。
娘の具合がとても悪い時でも、これを聞くと、ああ今日は大丈夫だ、と思えました。
デーモン閣下、ありがとう。

 今年も沢山の作品にお世話になりました。
来年2月にはコミティアで出展予定です。
また来年もどうぞヨロシク。


 掃除していましたら、捨てる予定だった雑紙入れに16年前のカットが入っていました。
これ、円を烏口コンパスで引いてるよ!
当時は画期的な道具だったんだがなあ。
 
[PR]
# by m-kazato | 2011-12-28 17:38
 『あるで』は、この所モノクロ原稿で色をパッキリ分けよう、と思いながら塗っていたせいか、カラーで色を置く際にもパッキリしすぎて、折角のカラーなのに中間色が分らなくなってきた。むむう。ちょっと休憩。a0108134_9521855.jpg

 年末で、ゆっくりここを書く暇が取れなくなって来ましたので。
今年は大きな災害もあって、それが継続している方もおられますので、あんまり良かった、良かった言うのもはばかられる雰囲気ですが、こういう時こそ、ちゃんと良かったことは良かった、って言えるようにしないとね。

 今継続中のことではありますが、猫。
春先に病気が発覚して、10日に一遍の点滴注射に通っております。
11月の血液検査の後は重態化して、年は越せないんじゃないかとはらはらしました。
今、私の足元のストーブの前でぬくぬくしています。よかった、よかった。
まあ、もうちょっと欲言えば、あと十年位は軽く頑張れ(猫の長寿最高齢28歳になります)、と。

 あと息子。
まあ試合嫌いで通していたので、今年の全日本出場はうちの代でストップかな、と思っていたのですが、うっかり本数差で勝ち抜いてしまいまして、大変いい経験をさせて頂きました。
息子的には、日本武道館よりその後の合宿の方が圧倒的に印象に残ったようなのですが、それも含めて、いい仲間にめぐり合えて良かったな、と。
このメンバーは本当に仲がいい。良過ぎてグダグダになるのが難点ですが、少子化のご時世、なかなか無いことなので大事にしてくれるといいな、と。

 私。
 剣道の方でいえば、7月に四段を頂きました。
これで道場内では正式に先生の資格なので、子供たちに胸張って教えられるな、ということで良かった。
一昨年ぐらいから勉強していた近代剣道史がやっと実技と繋がってきて、子供とやっていることが、先生と稽古していることと同じ、と思えるようになって来ました。
挙動から振りまでが異様に遅い、とか疲れてくると左手が緩む、とか、具体的な課題はまだ沢山あるのですが、昔出された課題にいっこ回答を得た感じ。楽しい。

 漫画の方。
まず『月のような』を出してやれたこと。
難産でしたが、多くの先生方と連絡が取れて、喜んで下さった事がとても良かった。
8月には森島先生からお褒めのお葉書を頂いちゃったし。ふっふっふ。
剣道漫画と両立は無理!と思っていたストーリー漫画の方も、『あるで』で再開できたし。

 なかなか良い一年ですよ。
[PR]
# by m-kazato | 2011-12-23 09:54
a0108134_21235486.jpg
 息子が布団のお供にラジオを持って行ってしまったので、お絵描き効率が非常に悪い。
意味もなくこんなの描いているし。面白い?
 入稿用データ入力はほぼ終わったのですが(あとカラー表紙だけ)、ホント言うと、あと2頁欲しい。
 漫画の本は4頁単位で構成される為、だったらいっそ4頁増やした方が良いのか、いやいや、そこを削ってこそ無駄頁のない、いい本になるのか、微妙な所。
 あとは、お年賀用に間に合うのか(その前に大掃除しろって話もあるが)、『剣道場のこどもたち』用原稿が幾つか描けたらいいかな、とかそんな感じです。
 というか、まず風邪治せ息子。この2日、夜中の3時に着替えさせたりお粥作ったり、生活リズムが変で困る。

 娘(猫)は娘で、ここ数日もりもりかつお節を食べていて、明け方だろうと寝入り端だろうと、私を起こして追加を要求します。
いや、いいんだよ。少しでも減った体重戻してくれよ、と思うからさ。
でもまずメシ喰え。
かつお節は食べた所で所詮あのぺらぺらで、全然体重維持してくれないんだよーん!
「おいしさ爆発!かつおスライス」とかいうのには見向きもしてくれないし。
主に、うちに来る鳥さんのご飯になっています。
高級レストラン状態。

 今年の年賀状は青野担当です。
魔物描きだからね。
ちょっといい感じですよ、お楽しみに。
[PR]
# by m-kazato | 2011-12-20 21:47
a0108134_2324254.jpg だから上をもう一枚着ておけ、って言ったのに…。
とりあえず近況をちょこちょこと。

 昨日は今年最後の剣道の稽古でした。
あと一回あるけど、お楽しみ会だからね。
新人指導で面を着けようとしたら、2回の昇段審査と20年ぶりの試合出場を付き合ってくれた面紐が、音もなく切れました。
頑張ってくれたんだね、ありがとう。

 息子の授業参観時に見つけた本(久しぶりに「本に呼ばれた」)『W・ハウフ童話集』は面白いです。
全く同じ本を図書館で借りてきて読んでいるのですが、学級文庫の方は全く手垢が付いていなかったな。
面白いのに、勿体無いなあ。

 木曜の読み聞かせは4年生。
『ハコちゃんのはこ』(岩崎書店・竹下文子)と、『しずくのぼうけん』(福音館書店・マリア・テルリコフスカ)の2冊。
低学年は、ブックトークにも反応が大きくて、いいわぁ。
子供たちに質問を投げて、手を上げさせるようにすると、ノリが良くなるようで楽しい。
あんまり話を広げすぎない位が丁度いいのかも。
次回は来年、3年生。新年ものを見繕っておかないと。

 漫画の方は、『あるでばらん亭』の製本用作業と『コネタ・1月号』の原稿と同時進行しています。

…おおそうじ?なにそれ、おいしいもの?
[PR]
# by m-kazato | 2011-12-18 23:26
a0108134_15451342.jpg
 
 終わったー!感想やら、アクセス不良等など、頂けましたら嬉しいです。
 これから製本版作業に入ります。
バッチのエピソードは始めから考えていたものなのですが、見返してみると、結構抜けている…。これからたくさん修正しなくては。
[PR]
# by m-kazato | 2011-12-13 15:53
 息子の小学校は、「調べ学習」として、一つのコーナーが終わるごとに宿題に「新聞作り」が出されます。
「明治新聞」とか「天体新聞」とかそれこそ「修学旅行新聞」なんてものまで。
漫画を描いている身としては、これがどれほど勉強になるかは解かるのですが、基礎知識や検索能力が無いと難しいだろうな、と思うのも確かでして。
大体、一週間の有余を持って出されるのですが、何度やっても息子は前日の夜になると思い出すらしいのです。
その度に泣きながら協力を頼まれます。
第一、その時間では図書館閉まっておるがな!
出典や出自の信憑性を判断できない小学生にとって、パソコン検索は荷が重いと考えている私は、結局家中の資料を引っ張り出す羽目になる訳です。
「おがぁさん、明治の新聞が埋まらない」
「コンドル先生のことでも書いておきなさい。資料ならたぁんとあるわよ」
「おかーさん、戦後の復興新聞が埋まらない」
「日本武道館の開館イベントのことでも書けば?」

「おかーさん、コンドル先生のことも、開館イベントで斎村五郎と持田盛二が形を打ったって話も、誰も知らなかったよ」
……まあ、そうだろうな。
15分おきにこういう茶々を入れられながら、漫画を描いている日々です。

 さて、『あるでばらん亭・3冊目』13頁まで更新しました。
 私の描く漫画は、今まで食事場面が本当になくて、気になっていた部分でした。
お茶を飲むところはあっても本当に「食」が出ない。
生活と繋がっていないんですな。
『あるでばらん亭』は、実は3年ほど前に2話ほど描いて、ストップしてしまった作品の書き直しです。a0108134_14312870.jpg 
…どういう訳か、書き直しを始めてからこの2人はよく喰う!
 何でだ、何が違うんだろう。
 いや、個人的にはいい傾向だと思うのですが。
 そして私個人の食に対する興味が薄いことに変わりは無いのですが。
 そして「似ブログ」とやらにはまるで興味の無い料理ページによく繋がる。
何故だ?「漫画」とか「剣道」とか「読み聞かせ」とか「近代建築」とかあるだろう?あるんじゃないのか!?

 まあいいや、続き描こ。
[PR]
# by m-kazato | 2011-12-07 08:51